神久のこだわり

北前船の運行する江戸時代の頃から、
旧武生市や今庄、敦賀の家庭で冬に作られていた大根とニシンの麹漬け。
この麹で発酵した大根とニシンの織りなす何とも言えない美味しさを再現するべく、
昔からの製法をもとに試行錯誤して、神久独自の醤油麹漬けを作り上げました。
また、100%自社生産の手作りで、保存料や合成着色料は使用しておりません。

麹〜醤油麹へのこだわり

醤油麹

醤油麹とは

醤油麹は、米麹にしょうゆを加え、発酵・熟成させた調味料で、「甘味・酸味・塩味・苦味・うま味」がバランスよく含まれています。
特にグルタミン酸のうま味成分は、塩麹にくらべ10倍以上になるとも言われています。
その豊かな旨みは、香ばしく芳醇な味を生み出します。
神久は、100%自社生産の手作りで保存料や合成着色料も無使用。こだわりの醤油麹漬けを作っています。

県産食材へのこだわり

福井県産食材へのこだわり

福井県の安心・安全な食材を使い、地産池消に取り組みたいという思いから、徹底して自社生産にこだわりました。

麹は福井県産コシヒカリ、醤油は大正7年から続く福井の老舗醤油醸造会社「フク醤油」が生産する、県産丸大豆・米・小麦・酒粕を使用した「遊」を使用。樽での漬けこみには福井県産の鷹の爪、塩は越前・日本海の海水を使ったミネラルたっぷりの自然塩「越前塩」を使用しています。
漬け込む素材には、福井県のファームで育てられた「越前旨香豚」や「健康鶏」をはじめ、越前海岸の漁港で水揚げされたするめいか、バイ貝、県内で養殖されている「福井サーモン」など、福井県産のあんしん・あんぜんな食材のみを使用。

どれも福井県産の食材にこだわった、独自の醤油麹で漬けこまれた商品が、神久のごく旨シリーズです。

神久のごく旨シリーズへ

製法へのこだわり

製法へのこだわり

当時の美味しさを再現するために、厳選した安心な材料のみを使い、昔ながらの製法で、手間を惜しまず現代の味へと再現しています。
一つ一つスタッフが手作業で丁寧に樽に漬けこんだ後、熟成のすすんだ一番おいしい期間に真空パックにとじこめ、冷凍。美味しさを6カ月保ちます。
(解凍後は冷蔵で10日間を目安にお召し上がりください。)
100%自社生産、保存料・合成着色料は一切使用しておりません。
冷蔵・管理方法についても庫内温度を設定して徹底管理。毎年チェックを行い、基準をクリアしています。

味へのこだわり

味へのこだわり

神久の醤油麹漬けは、独自の醤油麹を使って厳選された福井県産の食材を樽で漬け込むことで、芳醇な香りとプリプリでジューシーな食感が味わえる逸品です。

その美味しさが評価され、
福井県優良観光土産品の新商品部門で2016年の優秀賞
第57回全国推奨観光土産品審査会推奨商品
に選ばれました。

独自の醤油麹で漬け込むことで素材のうまみを引き立て、ほのかな麹の発酵した酸味の中にコクと旨みが混ざり合い、漬け込んだ素材とあいまって、上品で深い味わいを生み出しています。
ごはん、お酒との相性が抜群で、箸が止まらなくなる絶品の美味しさです。

神久のごく旨シリーズへ